ウーマン

不動産投資を成功させるために|マンション管理会社を選ぶコツを紹介

マンション投資で重要な事

マンション管理にとって大切なのが、いかに優秀で頼りになるマンション管理会社を探して、管理業務を依頼できるかにかかっています。そのような優れたマンション管理会社を選ぶ際にはいくつか気を付けておくべき重要なポイントがあります。

成功に欠かせないサポート

集合住宅

3つの主要業務

マンション投資のパートナーとなるのがマンション管理会社。どのマンション管理会社を選ぶかで、投資成功の可否が決まります。パートナーは慎重に選びたいものですが、そもそもマンション管理会社の業務内容を知らなければ適切に選べません。マンション管理会社を比較する前に、3つの業務内容をしっかりと把握しましょう。マンション管理会社の業務内容の中で、最も重要なのが入居者への対応です。家賃の回収並びに家賃滞納者への督促は、毎月行う必要があります。また、空室が発生することが分かれば、すぐさま仲介会社に広告活動を開始しなければなりません。その他、入居者が退去する際には立会いを行い、原状回復費用を請求するのもマンション管理会社の仕事です。滞納率・入居率・空室期間とマンション投資の重要な指標を左右するのが、入居者への対応です。建物管理も、マンション管理会社の主要業務です。定期清掃や定期点検、2〜3年に1度の小規模修繕工事、10年に1度の大規模修繕工事などは、マンションの質と魅力を維持するのに欠かせません。どのような管理を行うかで入居率と空室期間は左右されます。ただ単に定期清掃を行うマンション管理会社ではなく、リフォームやリノベーションの提案をしっかりとしてくれるところを選びましょう。家賃の送金や入居者募集条件の決定、トラブル報告などのオーナー対応も、マンション管理会社が行ってくれます。中でも重要なのがトラブル報告。僅かなトラブルでも迅速かつ正確に報告してくれるマンション管理会社を選ぶことで、心より信頼できるパートナーと一緒に成功するマンション投資を行えます。

素人のマンション経営

マンション経営はマンションの管理が必須なのですが、マンションの管理は素人には困難です。しかし、マンション管理会社に業務委託をすれば、マンションの管理全般を行ってくれます。しかも、入居者の募集まで行ってくれますので、マンション経営は非常に楽になります。

業務の外部委託の基本

一般的なマンション管理会社の利用料金は、月額賃料の5パーセント程度であり、24時間対応の業者がとりわけ評判です。日常的な管理サービスも魅力的ですが、老朽化したマンションを保有する大家が注目するのは、リニューアルサービスです。